二日目はDen Haag(デンハーグ)とDelft(デルフト)へ。

アムステルダムからDen Haagまで電車で50分。 交通費は片道で10、22eurosでした。

デンハーグはオランダ第三の都市で、国会議事堂や政府機関なんかが集まる都市。

そこに何で行ったかと言うと、、、「真珠の耳飾りの少女」を見るため。

デンハーグは本当に綺麗な所だった。
e0073103_18243955.jpg
e0073103_1824275.jpg


こんなに建物を見つつ、、振り返るとこんな建物も見えたりして、、
e0073103_18254932.jpg


街の中心にMauritshuisマウリッツハイツ美術館があります。
e0073103_1828288.jpg


美術館の中は残念ながら写真撮影禁止、、、なので写真はありませんが、元々マウリッツ伯爵の私邸だったみたいで、建物もすごく素敵。

フェルメールの他にもレンブラント、ルーペンスなんかもありました。

美術館を後にしてちょっと街をフラフラしたけど、特別他に観光したい所もなかったのでDelftへ移動。

美術館を出たらビネンホフの池を挟んで対角線方向にあるトラム1番でDelftまで約30分位。

ちなみにトラムは片道2、50euros

電車だと10分位みたいだけどトラムでゆっくり街の風景を見ながら行くのもいいかも。

終点のDelft駅ではなく一つ手前のプリンセンホフ博物館で下車すると中心地まで近いです。

フェルメールの生まれた街、デルフト。

映画、真珠の耳飾りの少女も見たので映画の撮影場所が発見出来るか楽しみにしてた。

メインの広場 ここ映画で見た!
e0073103_18483222.jpg

e0073103_18493182.jpg


これも?って思ったけど後で映画見直したら全然違った、、、。
e0073103_18543991.jpg


広場から歩いて街を散策。
ここのcafe中気になる、、、教会に中にあってシスターがお茶でも出してくれるんだろうか。
e0073103_18504692.jpg


ドクロの門番でしょうか? ちょっと怖い。
e0073103_1852917.jpg


こんなかわいい扉の家も見つけた。
e0073103_18525872.jpg


デルフトの街で朝市がやってた!ここで食べた面白いもの、、「オランダ 食事編」までお待ちください。
e0073103_1857284.jpg
e0073103_18565814.jpg


その他デルフトの街、、、東門のあたりがすごく素敵な散歩道だった。
e0073103_191251.jpg
e0073103_1902526.jpg
e0073103_18594991.jpg
e0073103_18592492.jpg
e0073103_18585039.jpg


いっぱいいっぱい歩いて、、お土産も買って、再びアムステルダムへ戻りました。

デルフト駅からアムステルダムまでは12euros。

この日は偶然にもアムステルダムへ1泊旅行しにきてた友達2人と合流の夜でしたよ。

でもそれはまた今度、、、。
[PR]
by harnharn | 2011-10-24 12:02 |
こんなに近いのに初めて行ったオランダという国。

風車とチューリップの国。

フランス語でPays-Basというのですが、直訳だとpays は国、basは下とか低いとかいう意味。

だからフランス語習いたての頃はフランスよりも南の方にある国でどこの国なのかさっぱり分からなかった。

調べたらオランダで、、なんだフランスよりも北にあるんだ、、変なのって思ったを覚えてる。

しかもフランス語でオランダの形容詞はNeerlandais かHollandaisだ、、ややこしい。

そんなややこしい名前の国に3泊4日で行って来た。

パリ北駅からThalysという新幹線みたいなものに乗って3時間ちょっと。

あっという間。

公式にはパスポートコントロールが入るって書いてあるけど行きも帰りも無かった、、、。

朝早く出たのでアムステルダムに着いたのは9時すぎ。

駅は東京駅みたい。(アムスの駅を参考にしたとか何とか、、、。)

e0073103_18241920.jpg
e0073103_18134175.jpg


とりあえず荷物を置くのにホステルへ(ここがなかなか刺激的なホステルだった)
e0073103_18255043.jpg


さぁ!今日はどうしよう、、、という事で一日目はさっそくUrechtへ

ミッフィーの作者であるDick Brunaの生まれた場所。

とっても素敵な街!
e0073103_18354994.jpg
e0073103_18352362.jpg
e0073103_18344359.jpg
e0073103_18341410.jpg


目指せDick Bruna Huisなのですが、、、超迷子、、、歩いて歩いてようやくついた!
e0073103_18383345.jpg


美術館の中はDick Brunaの世界でいっぱい♡

e0073103_18391647.jpg
e0073103_18401781.jpg

e0073103_18464472.jpg
e0073103_1846830.jpg
e0073103_1844695.jpg
e0073103_18432698.jpg
e0073103_18421929.jpg
e0073103_18413539.jpg


この方がDick Brunaさん。

e0073103_18483733.jpg




お土産屋さんでかわいいマグカップを買いました。
(それはオランダお土産編で)

とにかくかわいかった〜♡

そのまま目の前のCentraal Museumを見て、ユトレヒトの街をお散歩。

噂によるとミッフィー信号がこの街にあるとか、、、探しながら歩く事に。

ここもアムスと同じく運河が張り巡らされています。

だから歩いていて気持ち良い〜!!
e0073103_1858212.jpg

e0073103_191207.jpg
e0073103_1904812.jpg
e0073103_18593899.jpg
e0073103_1859858.jpg


これ、、散歩中に見かけた自転車。後ろについてるカゴ、、絶対子供用だよね??
かわいい〜!!ここに横座りするんだよね、、きっと♡ 
これに乗ってる子供見たかったなぁ。
e0073103_1932583.jpg




せっかくだからミッフィー像でも見にいくかっ!と町外れまでテクテク、、、。

期待して行ったわりにちっちゃいw しかもなんでココなんだろう、、w
e0073103_1984838.jpg


駅までの帰り道、友人が「あっ!!!」と言ったので見たら、、、
e0073103_19111986.jpg


でかした!!! 良く見つけました!!! ミッフィー信号♡ 結構駅近くにあります。


記念なので赤も撮ろうと信号待ち。
e0073103_19123114.jpg


やったぁ〜!!見つけてくれてありがとう!!

この日はアムスでBarに行き、飾り窓なんかも見たのですがそれは「夜のアムステルダム編」で。


参考までに、、、アムステルダムからユトレヒトまでの一日有効往復切符は13、40euros

ミッフィーハウスとお向かいのセントラルミュージアムは共通チケットで9euros

電車の券売機は基本小銭かカードのみ。

窓口で買うと手数料が発生するのでちょっと高くなるみたい。

けどこのマシーンも英語が選択出来るし、難しくないので券売機で買うのをお薦めします。

ではでは次は、、、二日目 「真珠の耳飾りの少女」を見に行ったDen Haagとフェルメールの生まれた街Delftです。
[PR]
by harnharn | 2011-10-21 12:25 |
最近ビザが取れなかった、、、という話を良く聞く。

今までもあったけど今回はかなり酷いんじゃないかな?

私のビザの問題もはっきり言って未だに「これだ!」という解決法は見つかっていないのです。

いろんな人に話を聞いていろんな噂を聞きます。

いろんな噂の中で最も良く聞くのがこれ、、、。

友達の友達が私と似たような状況で警察に言われた事なので本当だと思う。

「来年3月にある大統領選挙が終るまではビザはあまり出さない方向で動いている」

なので、、、今無理に動いても駄目ってこと。

ゆっくり来年の春まで待った方が良い。

でも待つってどうやって???

それまで不法滞在って事ですか???
(実際今も不法滞在と変わりないけど)

先輩には弁護士を紹介してあげると言われた。

でも1500eurosです、、、、。



家がようやく落ち着いたと思ったのに、、、ビザの件はまだまだ落ちつかなそうです。




これからビザの申請、更新するみなさま。

待てるものなら来年春まで待った方が良い。焦っても良い結果は出ないです。(多分)

更新するみなさま。

きっと厳しいです。そう思っておいて損はないと思う。
なので万全の書類を用意して、つっこまれそうな所は事前にきちんとフランス語で答えを用意してスラスラ言える様にしておいてください。

きっと相手はちょっとした隙をうかがっていますよ。
[PR]
by harnharn | 2011-10-12 19:13 | ビザ
パリ プレタポルテコレクションが終わりました。

今回、正式なビザが降りていないにもかかわらず、バックステージに入れてくれた先輩メイクさんに本当に感謝です。

やっぱりコレクション、、楽しいなぁ!!

バックステージより一枚。 リハーサル風景です。
e0073103_18413192.jpg


ここはなんとエッフェル塔の中。バックステージが本当に狭くて、、セキュリティも厳しくてなかなか大変でしたよ。




そしてそれと同時進行していたのが私の引っ越し!! またか、、と思いの人も多いはず。

でもコレが最後、、またはしばらく引っ越す必要の無い感じです。

最後の日なんて、朝引っ越し、午後コレクションの準備、夜引っ越し、、、そんな感じでした。

そんな引っ越しも友達が手伝ってくれたのでまだ楽な方だったかも。

これ、、私一人だったら最後の方死んでました。

新しいおうちの近所にあるcafe。ちょっと前から大分お気に入りです。

友達とお疲れcafeをした時のもの。

出て来るcafeが毎回楽しみになるね。3人ちゃんと違う模様にしてくれた。
e0073103_18515223.jpg


そして次行った時は暑かったのでフルーツジュースを!!
e0073103_1856176.jpg


私はオレンジとキャロットと生姜をセレクト。友達はグレープフルーツとレモン。

「生姜が多過ぎた〜!強かったら新しいの作ってあげるから言ってね」とフランスでは珍しいくらい感じが良い。

なぜなら、、ここで働いている人みんな英語圏の人だから。

おそらくイギリス系?だと思う。

なんか店員さんの会話がブリティッシュイングリッシュな気がするので。

ずっと願ってたモンマルトルへ戻ってきたよぉ〜!!!

やっぱりここらへん、、大好きです♡



そしてそしてそれと同時に日本からうれしい人たちがいっぱい来た。

先輩のメイクさんたちとは短い時間だったけどいっぱい会っていっぱい話をした。

素敵な先輩が居て本当にうれしい。

この先輩達がいる間、、、私の胃は大分ハードに使われていました。

cafe des museeでみんなでご飯。

いやぁ、、頼みすぎでしょw
e0073103_1914666.jpg


こんなに大きなお肉、、、久々に見たよ。柔らかくてとっても美味しかったです。
e0073103_1924016.jpg


そしてこれは別の日。

みんなでベルビルまでパエリアを食べに、、、。

この日は胃をmaxまで使って気がした。

e0073103_1951389.jpg


でもココ、、、本当にすべて美味しかったです。

また行きたいなぁ。

呑んで呑んで、、、最後にお店のおばちゃんが「呑んで行け!」と出してくれたお酒。

ショットグラスに出て来たので「強いのかな?」と思いきや青リンゴ味で美味しかった!

ギブアップした先輩の分までちゃんと呑みました。
e0073103_191455100.jpg




ハードな一週間でした。

朝の4時45分に起きてコレクションへ行き、そのまま先輩とランチ、家に帰って部屋の片付け、そして先輩とパエリア、、そのままもう1件!的な感じ付き合い、開放されたのは夜中の2時くらい。

寝るのが大好きな私も、、、やれば出来るんだな、、と思った。





そしてまだまだ家は未完成だけど、、、落ち着くようになりました。

新しいおうちの写真はもうちょっと片付いたら、、、。




そしてただ今、、同時進行でビザの問題解決に動いております!!

昨日も弁護士みたいなコンセイエの人に会ってきました。

その話はまた次回、、、。

ゆっくり書こうと思います。
[PR]