カテゴリ:旅( 67 )

最近いつも雨、、雨、、、なパリ。

気分良く外をお散歩出来ない日々が続いています。 

最近の報告というと、一昨日ようやく最終書類を弁護士さんの所に届けました。

後は結果を待つのみです。

そしてルクセンブルクにお仕事で行ってきました。

いつも遠出の撮影をカテゴリー「仕事」ではなく「旅」にしてしまう私、、。

パリ東駅からTGVで2時間、、フランス語も通じるし、あまり外国に来た感じがしないのかな?

って思ってたけどやっぱり違ったルクセンブルク。

共用語はルクセンブルク語、フランス語、ドイツ語、英語。みんなそれぞれ4カ国語は喋れるみたいです。

いったいどんな教育システムなんだろうか、、。

現地コーディネーターさんの話によると、4カ国語を喋るとはいえ、みんなそれぞれ得意な言葉があるようで、理解は出来るけど、喋れない人もいるそうです。

だからごちゃ混ぜで話す。

例えば、、レストランで「メニューください」と英語で言うと「もちろんです」とフランス語で帰ってくる。

お城で話したお城の管理人さんは私がフランス語で話すのに対して、うんうんと理解し、英語で返事が返ってくる。

不思議だ、、、。

みんなそれぞれ理解出来るから会話が成り立つみたいです。

ベルギーやフランス、ドイツに囲まれて神奈川県くらいしかない小さな小さな国。

行くまで知らなかったけどルクセンブルクは金融王国、だから新市街には世界の銀行ばっかり。

撮影はほぼ旧市街&田舎のお城などで行われたました。

一日目は旧市街にあるグルントという低地で撮影。

ここにある地下壕でも市の人の許可を得て内部に入り撮影しましたよ。

ルクセンブルクにはこういう地下壕が確か、、、45km位張り巡らされているそうです。
e0073103_021431.jpg
e0073103_0202859.jpg


この地下壕や低地部分を上から見るとこんな感じ。 奥には新市街の高層ビルが見えます。
e0073103_0231116.jpg
e0073103_0223732.jpg


低地の街並も素敵です。
e0073103_0254245.jpg
e0073103_0251079.jpg
e0073103_024366.jpg


そしてココはルクセンブルクから30分程車できたMondorf les bain.

天然温泉の出るSPAです。

ヨーロッパで温泉、、と言ったら治療みたいなイメージがあるのですが、やっぱりお客さんは裕福な感じのおじいちゃん、おばあちゃんばっかり。

でも私も入りたかった〜!! 外がめっちゃ気持ち良さそう!!
e0073103_0302288.jpg


そしてこちらはヴィアンデン城。 お城の中は博物館の様になっていて控え室もあったし、撮影しやすかった!
バタバタしてて中の写真は無いです、、、。
e0073103_032519.jpg


そしてこちらは全く違うタイプの、、朽ちた古城のラロシェット城です。

もうここの撮影が、、、寒過ぎて死ぬかと思いました、、。

風はすごいし、気温も低いし、、、たまに小雨が降って顔にバシバシ当たるし、、、。

でもやはり絵にはなるようです。
e0073103_0372552.jpg
e0073103_0364978.jpg


撮影はほぼ自由時間が無かったのですが、丁度クリスマス市が出ていた街の広場でちょっと自由時間がもらえました。

ドイツやベルギーが近いという事もあって、パリのクリスマス市とちょっと雰囲気が違います。

ここはクリスマスオーナメントのお店。 せっかくなのでココでかわいいサンタを買いました。
e0073103_0411461.jpg


そしてこれは気になる〜!!って買ってしまったおやつ♡

丸い棒にパンのような物を巻き付けて回りにチョコとかシナモンとかまぶしてあるもの。

私はチョコ買いましたよ。

思った以上に薄いのであっという間に無くなりました。
e0073103_044831.jpg
e0073103_0434092.jpg


そして最後の最後に、、ルクセンブルクで有名なお菓子屋さん。Oberweisへ。

みんなでケーキを食べ休憩〜!!

私はレモンタルトを食べましたよ。

コレが大正解!! 超おいしかった♡
e0073103_0521968.jpg


3泊4日のルクセンブルク。

短い滞在だったけどいろいろ主要なものは見れたのでは?と思う。

今度は是非、、、プライベートでSPAいきたぁ〜い!!!!
[PR]
by harnharn | 2011-12-17 16:49 |
オランダの夜。

やっぱりココは見ておきたかった!

飾り窓。

オランダで合法になっているもの、マリファナと売春。

すごい国だよ、、本当に。

マリファナを合法にしたのは、それ以上のハードドラッグを避けるためだそう。

結果オランダではハードドラッグを使用している人はすごく減ったみたい。

全然話し違うけど私が卒業した中高も校則が異常に厳しく。

ショートヘア駄目、段カット禁止、キーホルダー禁止、眉毛より下の前髪禁止、ポニーテールも禁止w なんていろいろあった!

だから結局、、おかっぱ 又は三つ編みw

あれも駄目これも駄目って言われるとみんな反発するんだよね。

でもきっとこれがOKだったら、みんな意外とやらないんだろうなって昔から思ってた。

それと似てる。

売春もそうなのかな?

売春が合法になった理由はちょっと分からないけど、、きっとそういう理由があるんだと思う。

この飾り窓の中に入っている女性。

キレイな人も中には居たけど、、、昔男でした? と質問したくなる人もチラホラ。

そして人にはいろんな好みがあるように、超セクシーな人、ちょっと幼い感じの子、ぽっちゃり系の人、黒めがねとかかけちゃってる先生タイプの人、、、いろいろ居て面白かった。

飾り窓メインの通り。写真には写ってないけどかなりの観光客が居ましたよ。
e0073103_19135829.jpg

e0073103_19142650.jpg


この女性たちにカモ〜ン♡みたいな感じで誘われて、、、入って行く男性がいっぱいいる。

すごいなぁ、、人の目も気にしないでノリで入っている気がする。

「ここまで来たらせっかくだし」的な、、、。

是非私の同行人にも入って頂きたかったけどw 断られました、、、(当たり前かw)



そしてダム広場の遊園地。 これって常設なのかな? パリみたいに冬と夏にやってくる移動遊園地なんだろうか。

3日目の夜、たまたま同じ時期にアムステルダムに来ていた友達と合流してみんなで遊園地へ。

この高い所でグルグル回る乗り物に私を除いた3人が乗ってます。
e0073103_19192986.jpg


その後みんなでBarでビール飲んだり、cafeでまったりお茶したり、、、。

楽しい夜でした。

もうちょっと温かい時だったらもっと運河沿いとか散歩出来て気持ちよかったかも。
[PR]
by harnharn | 2011-11-05 11:19 |
オランダ食事編のブログを書こうと写真選びをしていたら、、食べ物の写真が見事にジャンキーすぎて笑えた。

まずこれ。 オランダの駅や街、どこにでもある食べ物の自動販売機。

日本のコロッケの元祖と言われているらしいクロケットを1eurosで。

これが結構温かいし、美味しいので3泊で行った今回の旅行で2回も食べた。
e0073103_795594.jpg
e0073103_792576.jpg


そしてこれは一日目の夜ご飯。ポテトとホットドック。

ポテトもホットドックも両方食べたいっ!!から全部半分こ。

これ全部私が食べたんじゃないですから、、w
e0073103_711732.jpg

e0073103_7144266.jpg


ちなみにココはガイドブックに載ってたポテトのお店。

行列が出来てて、常に揚げてるからみんな揚げたてでおいしい!

私たちも超〜ホックホクのポテトをGETしました。 

駅からダム広場に向かって走っている大通りの証券取引場の向い位にありますよ。
e0073103_7201010.jpg


そして2日間通ったBarでビールをグビグビ、、、。
e0073103_7211098.jpg
e0073103_7204514.jpg


そしてここからユトレヒトの朝市。

オランダ名物のニシン!お魚屋さんの脇でなんとFree ニシン。チップを入れている人も居たけどみんなほとんど普通に食べてました。
e0073103_725292.jpg

e0073103_7235523.jpg


そしてこれはそのニシンを、、、なんとサンドイッチにしたもの。

これは、、、なんだろう、、、どんな味?と聞かれたら

「パンとニシンと玉ねぎを一緒に食べた味」としか答えられないw 3つが全然マッチしてなかったと思うのは私だけですか? それとも他に美味しい食べ方とかあるんでしょうか?
e0073103_7264224.jpg


お魚屋さんの隣には、魚介類の揚げ物を売ってた。
e0073103_727493.jpg


とにかく札に書いてあるオランダ語が読めないから感でオーダー。

でも何だったっけ?これ、、、忘れてしまったけど魚のフライでした。
e0073103_7291937.jpg


とにかく揚げ物が多いっ!!のですがみんなサクサク熱々で美味しかった。

そしてコレはダム広場に出てた遊園地の中にあったハンバーガー屋さん。

お肉をその場で焼いてて美味しそうだから3日目の夜ご飯に食べようと思った。
e0073103_7333870.jpg


私はシンプルなものが欲しくてチーズだのいろいろあったオプションは全てパス。

そしたらパンにお肉がはさまったシンプルすぎるハンバーガーが出てきて笑えた。

レタスとか、、玉ねぎとか、、無いんですかぁ〜???

しかもパンすら焼いてないし、、、。

見た目に騙された〜!!! という事でハンバーガーの写真は無し!!

そしてこちらはアムステルダム市内のチーズ屋さん。

wasabi味とか、、、興味あったけど買わなかった。 どんな味なんだろ。
e0073103_7351054.jpg


その他にも美味しそうなチーズがモリモリ!!
e0073103_7362387.jpg
e0073103_7355220.jpg

e0073103_7365495.jpg


そしてまたまたポテトw こちらはハンバーガーで失敗したダム広場にて。
ポテトはおいしかったよ。
e0073103_7382921.jpg


そしてそして最後の日。

朝からきちんとした店に入りました。

ネットでたまたま見つけたスコーンの美味しいお店。

お店も可愛くてスコーンもおいしくて大満足。
e0073103_740264.jpg

e0073103_7555258.jpg


こちらは最終日のランチ。

ここでようやく野菜登場!! もう体全体が野菜を欲してたと思う。
前日に通りかかったベーグル屋さんで。
e0073103_7425535.jpg
e0073103_7422223.jpg


ここで頼んだフレッシュジュース。 私のはなんとローヤルゼリー付き!
e0073103_7443111.jpg
e0073103_744098.jpg


そしてこれが最後〜!!!

今回の旅で毎日の様にお世話になったオランダ版無印良品みたいなHEMA

ここのアムス駅店でサラダとパンを購入してThalysの中で食べました。

野菜最高っ!!!
e0073103_7471592.jpg




こんな感じで、、オランダの食事編のブログは終わらせていただきます。
[PR]
by harnharn | 2011-11-04 23:52 |
3泊4日の旅の拠点にしていたアムス。

建物がパリと違ってかわいい!!

街はそんなに広くないので頑張って徒歩で制覇っ!!

e0073103_48059.jpg
e0073103_47287.jpg
e0073103_464345.jpg
e0073103_454973.jpg
e0073103_451336.jpg
e0073103_444588.jpg


そしてココはやっぱり見たかったアンネ フランクの家
e0073103_4111766.jpg
e0073103_4102190.jpg
e0073103_49472.jpg
e0073103_491229.jpg


これは普通のおうち。 やっぱりデルフト焼きだんだろうか、、かわいい♡
e0073103_4124484.jpg
e0073103_4121035.jpg


これも素敵!夜になると扉の上にあるランプに灯りがともるんだと思う。
e0073103_414046.jpg


壁にネコ♡
e0073103_4145443.jpg


そしてオランダと言ったら、、、マリファナが合法な国。

フツウにいろいろ売ってます。
e0073103_416469.jpg


そして、、どうしても風車が見たかった私たち。

有名な風車までは時間がかかるのでちょっと諦め、アムス市内にあるという風車を見に。

アムステルダム中央駅から電車でRai駅まで10分、そこから徒歩で20分位ですよ。
e0073103_423117.jpg


風車の前にはアムステル川が流れててなんかのんびり出来る
e0073103_4263597.jpg


ここは良くレンブラントがスケッチしたとかでレンブラントの像がある。
e0073103_4285887.jpg


はぁぁ!! 写真が多過ぎて、、UPするのに時間がかかる、、。

後は夜のアムステルダム、アムステルダムの食事、アムステルダムお土産で終わりっ!!

明日も頑張って書くのだ!!
[PR]
by harnharn | 2011-11-02 20:27 |
二日目はDen Haag(デンハーグ)とDelft(デルフト)へ。

アムステルダムからDen Haagまで電車で50分。 交通費は片道で10、22eurosでした。

デンハーグはオランダ第三の都市で、国会議事堂や政府機関なんかが集まる都市。

そこに何で行ったかと言うと、、、「真珠の耳飾りの少女」を見るため。

デンハーグは本当に綺麗な所だった。
e0073103_18243955.jpg
e0073103_1824275.jpg


こんなに建物を見つつ、、振り返るとこんな建物も見えたりして、、
e0073103_18254932.jpg


街の中心にMauritshuisマウリッツハイツ美術館があります。
e0073103_1828288.jpg


美術館の中は残念ながら写真撮影禁止、、、なので写真はありませんが、元々マウリッツ伯爵の私邸だったみたいで、建物もすごく素敵。

フェルメールの他にもレンブラント、ルーペンスなんかもありました。

美術館を後にしてちょっと街をフラフラしたけど、特別他に観光したい所もなかったのでDelftへ移動。

美術館を出たらビネンホフの池を挟んで対角線方向にあるトラム1番でDelftまで約30分位。

ちなみにトラムは片道2、50euros

電車だと10分位みたいだけどトラムでゆっくり街の風景を見ながら行くのもいいかも。

終点のDelft駅ではなく一つ手前のプリンセンホフ博物館で下車すると中心地まで近いです。

フェルメールの生まれた街、デルフト。

映画、真珠の耳飾りの少女も見たので映画の撮影場所が発見出来るか楽しみにしてた。

メインの広場 ここ映画で見た!
e0073103_18483222.jpg

e0073103_18493182.jpg


これも?って思ったけど後で映画見直したら全然違った、、、。
e0073103_18543991.jpg


広場から歩いて街を散策。
ここのcafe中気になる、、、教会に中にあってシスターがお茶でも出してくれるんだろうか。
e0073103_18504692.jpg


ドクロの門番でしょうか? ちょっと怖い。
e0073103_1852917.jpg


こんなかわいい扉の家も見つけた。
e0073103_18525872.jpg


デルフトの街で朝市がやってた!ここで食べた面白いもの、、「オランダ 食事編」までお待ちください。
e0073103_1857284.jpg
e0073103_18565814.jpg


その他デルフトの街、、、東門のあたりがすごく素敵な散歩道だった。
e0073103_191251.jpg
e0073103_1902526.jpg
e0073103_18594991.jpg
e0073103_18592492.jpg
e0073103_18585039.jpg


いっぱいいっぱい歩いて、、お土産も買って、再びアムステルダムへ戻りました。

デルフト駅からアムステルダムまでは12euros。

この日は偶然にもアムステルダムへ1泊旅行しにきてた友達2人と合流の夜でしたよ。

でもそれはまた今度、、、。
[PR]
by harnharn | 2011-10-24 12:02 |
こんなに近いのに初めて行ったオランダという国。

風車とチューリップの国。

フランス語でPays-Basというのですが、直訳だとpays は国、basは下とか低いとかいう意味。

だからフランス語習いたての頃はフランスよりも南の方にある国でどこの国なのかさっぱり分からなかった。

調べたらオランダで、、なんだフランスよりも北にあるんだ、、変なのって思ったを覚えてる。

しかもフランス語でオランダの形容詞はNeerlandais かHollandaisだ、、ややこしい。

そんなややこしい名前の国に3泊4日で行って来た。

パリ北駅からThalysという新幹線みたいなものに乗って3時間ちょっと。

あっという間。

公式にはパスポートコントロールが入るって書いてあるけど行きも帰りも無かった、、、。

朝早く出たのでアムステルダムに着いたのは9時すぎ。

駅は東京駅みたい。(アムスの駅を参考にしたとか何とか、、、。)

e0073103_18241920.jpg
e0073103_18134175.jpg


とりあえず荷物を置くのにホステルへ(ここがなかなか刺激的なホステルだった)
e0073103_18255043.jpg


さぁ!今日はどうしよう、、、という事で一日目はさっそくUrechtへ

ミッフィーの作者であるDick Brunaの生まれた場所。

とっても素敵な街!
e0073103_18354994.jpg
e0073103_18352362.jpg
e0073103_18344359.jpg
e0073103_18341410.jpg


目指せDick Bruna Huisなのですが、、、超迷子、、、歩いて歩いてようやくついた!
e0073103_18383345.jpg


美術館の中はDick Brunaの世界でいっぱい♡

e0073103_18391647.jpg
e0073103_18401781.jpg

e0073103_18464472.jpg
e0073103_1846830.jpg
e0073103_1844695.jpg
e0073103_18432698.jpg
e0073103_18421929.jpg
e0073103_18413539.jpg


この方がDick Brunaさん。

e0073103_18483733.jpg




お土産屋さんでかわいいマグカップを買いました。
(それはオランダお土産編で)

とにかくかわいかった〜♡

そのまま目の前のCentraal Museumを見て、ユトレヒトの街をお散歩。

噂によるとミッフィー信号がこの街にあるとか、、、探しながら歩く事に。

ここもアムスと同じく運河が張り巡らされています。

だから歩いていて気持ち良い〜!!
e0073103_1858212.jpg

e0073103_191207.jpg
e0073103_1904812.jpg
e0073103_18593899.jpg
e0073103_1859858.jpg


これ、、散歩中に見かけた自転車。後ろについてるカゴ、、絶対子供用だよね??
かわいい〜!!ここに横座りするんだよね、、きっと♡ 
これに乗ってる子供見たかったなぁ。
e0073103_1932583.jpg




せっかくだからミッフィー像でも見にいくかっ!と町外れまでテクテク、、、。

期待して行ったわりにちっちゃいw しかもなんでココなんだろう、、w
e0073103_1984838.jpg


駅までの帰り道、友人が「あっ!!!」と言ったので見たら、、、
e0073103_19111986.jpg


でかした!!! 良く見つけました!!! ミッフィー信号♡ 結構駅近くにあります。


記念なので赤も撮ろうと信号待ち。
e0073103_19123114.jpg


やったぁ〜!!見つけてくれてありがとう!!

この日はアムスでBarに行き、飾り窓なんかも見たのですがそれは「夜のアムステルダム編」で。


参考までに、、、アムステルダムからユトレヒトまでの一日有効往復切符は13、40euros

ミッフィーハウスとお向かいのセントラルミュージアムは共通チケットで9euros

電車の券売機は基本小銭かカードのみ。

窓口で買うと手数料が発生するのでちょっと高くなるみたい。

けどこのマシーンも英語が選択出来るし、難しくないので券売機で買うのをお薦めします。

ではでは次は、、、二日目 「真珠の耳飾りの少女」を見に行ったDen Haagとフェルメールの生まれた街Delftです。
[PR]
by harnharn | 2011-10-21 12:25 |
先週末ぶどうの収穫をお手伝いしにブルゴーニュ地方のJuraという所まで行ってきました。

友人と5人で片道4時間の車の旅!
e0073103_559112.jpg


着いたその日に収穫のお手伝い。

ぶどう畑に案内してもらいました。
e0073103_62144.jpg
e0073103_614895.jpg
e0073103_611963.jpg


一応Bio(オーガニック)のぶどうなので虫がいっぱい。

虫が食べてしまって酸化してしまった粒を取り除くetcなどの説明を聞きました。
e0073103_644946.jpg


いざバケツを持って収穫へ、、、。

もう本当〜に大変だった!!

ぶどうは木の下の方になっているので自然と中腰が続く。

そしてぶどうで一杯になったバケツを持って斜めの畑を降りる、、。

それの繰り返し。

最初の日は実質3、4時間の作業だったと思う。

でもBioのシャルドネをつまみ食い出来たのは幸せだったなぁ。

e0073103_695899.jpg


私たちはその後のプレス作業は手伝わず、一度ホテルにチェックインし、その後夜ご飯まで休憩。

けど収穫したばかりのぶどうを放置は出来ないのですぐにプレス作業にかかってましたよ。

夜はみんなで遅くまで飲みヘトヘトになってホテルへ帰ってきました。

多分ベットに入って2、3分で爆睡してたと思う。

情けない事に、次の日は午前中のみのお手伝いだったけど、湿布貼って作業しました、、、。

他のお手伝いさんも加わって全部で12人での作業。

ちょっとは役にたてたかな?と思います。

来年出来立てのワインに出会うのが本当に楽しみ。

帰りはBeauneという街にちょろっと寄って帰ってきましたよ。
[PR]
by harnharn | 2011-09-22 23:19 |
一泊でパリ郊外へキャンプへ行ってきました。

ほぼ毎週会っているメンバー9人と、、、。

初めっからハプニングだらけだったけど面白かった!

もうすぐ帰国する3人が居たのでパリでの良い思い出になってくれたら良かったな。



キャンプ場に行く前に去年も行ったJouy en joasの野菜収穫場へ。

前回に比べ収穫出来る物が少なかったからか人も少なく淋しい感じ、、、。

e0073103_2554186.jpg


それでも私たちは大量のほうれん草、カブ、サラダ菜、ラディッシュを収穫しました。
e0073103_258172.jpg


足りなかった野菜はお隣の農場売店で、、、。

野菜以外にもチーズやらなんやらいろいろ買ったわぁ。
e0073103_2595374.jpg


朝集合、、、したはずなのに私たちのユルユルダラダラな行動なお陰でキャンプ場に着いたらもう夕方。

すぐにBBQの準備!

料理人が2人、パティシエが2人もいるとスムーズで最高です。
e0073103_334821.jpg
e0073103_325522.jpg
e0073103_32427.jpg


予想通りみんなで肉、ビール、肉、ビール、、、。

ダイエット中だけどやっぱり目の前にあるとね、、食べちゃうねw

貴重らしいワインも飲んだ飲んだ!!
e0073103_384872.jpg


みんなでダラダラ食べてもまだ明るい!!

遊ぶ子たち
e0073103_3123379.jpg


私はお散歩
e0073103_3141239.jpg


夜はなんと、、、私の誕生日まで祝っていただきました!

みんなで企画してくれたようで、、感謝です。

ありがとおぉぉぉ〜!!!

ケーキ運んでたなんて本当気がつかなかったわ。
e0073103_317422.jpg


そしてそしてみんなからプレゼントまで頂いてしまったのでココでご紹介。

包装も素敵にしてくれてた。
e0073103_3193651.jpg


裏にはみんなからのメッセージ!!
e0073103_321380.jpg


そして中身はなんと、、、私が超〜欲しかったTim Walkerの写真集。
なんと5kgもある本です!
e0073103_3224666.jpg


私の大好きなTim Walker!! かなり有名な人なので検索したらいっぱい写真出て来ると思います。

その中で私が初めてTim Walkerという名前を知った作品をこちらに。
e0073103_3262117.jpg


いやぁ、、、感動した。

良い33歳になってるよぉ!!

さて、、キャンプの夜はまだまだ続き、、夜はみんなでトランプ大会!

負けたらリキッドアイライナーで顔にイタズラをされるw

まだみんなが遠慮がちだった最初の段階で負けた私はラッキーで、後半みんなの悪のりが過ぎたあたりで負けた子は本当、、、かわいそうだったw

寝たのは何時だろう、、多分3時半くらいにはみんなベットに向かったような、、、

私の記憶では最後に4時という数字を見たのを覚えてる。



だが女子はやる事があったのだ!!

それは朝食作り。

7時半に起きてご飯を炊き、、、残りの野菜を炒めたり、カブの漬け物を作ったり、お味噌汁を作ったり、、。

作った女子みんなで「やっぱ女子はすごいよね。完璧な女子のテーブルセッティング!」
、、と勝手に言ってた朝食のテーブル。
e0073103_333646.jpg


みんなでワイワイ食べました。

食べてすぐ、、今度は11時のチェックアウト前に作らなくてはいけないランチの準備。

でもこの焼きそばを持って森へピクニックの予定なのに、、焼きそばを居れる容器がない!!

という事で急遽、大きな水のペットボトルが、、、パックリ割られてランチBOXに大変身!!

見た目は、、、だけど中身は美味しかったのだ!
e0073103_3372716.jpg


そして森に到着!!

大きな岩の上を9人で占領。
e0073103_355428.jpg


バトミントンする人たちの横で私はお昼寝 Zzzzz
e0073103_3535238.jpg


やっぱり楽しかったし、やっぱりあっという間だった1泊キャンプ。

来年このメンバーの中から恐らく5人は居ない、、のかと思うと淋しい。


前回のキャンプの日記はこちらから。その1からその3まであります。
その1
[PR]
by harnharn | 2011-05-11 21:03 |
3日目の朝は日本人の朝食といえば、、みたいな献立。

焼き魚に卵掛けごはんw

多分隣でバゲットにカフェオレみたいな感じの朝食とってたフランス人のカップルにしてみれば

私たちは大迷惑だったと思う、、、。

だって隣で干物焼いてるんだもん。
e0073103_23201294.jpg


そしてこれが朝から炊いたご飯とオーガニックの卵&オーガニックヨーグルトと前日作ったジャム
e0073103_23233327.jpg


ご飯に生卵+ちらっとごま油&醤油って、、、フランス人にしたらオエェ〜って感じのご飯なんだろうな。

しかも朝食だしw



私たちは無事にお昼前には掃除も全部終えチェックアウトし、パリへ戻る前に一つ観光でも!

という事で近くのアンボワーズ城を訪ねました。

レオナルド・ダ・ヴィンチのお墓が有る有名なお城。

ロワール川の見える最高の場所にお城はあって気持ちよかった!!
e0073103_23362449.jpg
e0073103_2336324.jpg
e0073103_2335391.jpg
e0073103_2335763.jpg
e0073103_2334229.jpg
e0073103_23333163.jpg


お城の綺麗な写真がなかなか撮れてなかったので、、勝手にお借りした写真です。
e0073103_23393783.jpg


トゥールには眠れる森の美女のモデルになったお城や、ジャンヌ・ダルクが王様?に謁見したシノン城もあるよ。


これは私たちが今回行ったキャンプ場Huttopia。 
フランスにいくつか、そしてカナダにもあるみたい。
パリから近い場所だとランブイエかヴェルサイユかな?
とっても親切なスタッフがテキパキ働いているのでお薦めです。
Huttopia
[PR]
by harnharn | 2010-09-07 16:49 |
野菜を収穫した後、みんなでキャンプ場へ向かったのですが、レンタカー屋さんで借りたナビが

すっっごい使えないナビで、、、この子のお陰でず〜と下道を

走り、倍の時間をかけてキャンプ場に着いたので着いたのは夜の9時半。

もうキャンプ場の中は真っ暗で明かりを付けるのも一苦労、、、。

途中参加の友人をToursの駅まで迎えに行く組、料理を作る組に別れたのですが、

まさかこんなにかかると思ってなかった私たちはランチもろくに食べておらず空腹度がみんなMAX。

バタバタだったけれど、途中参加の友人も含めみんなで寒いキャンプ場でランタンの光を頼りに

クリームシュチューを食べました。

ものすごい空腹だったのと、寒かったのもあって外で食べるクリームシュチューは美味しかったぁ!

この日の夜は満天の星空の中みんなで毛布にくるまってワインを飲みました!!



翌朝、寒くて目が覚めました。

まだ誰も起きていないのでそ〜と起きてみると外のテーブルに洗い物の山、、、。

すっかり目が覚めてしまっていたし、目の前の景色がきれいすぎたので黙々と食器洗い。

私たちのテントの前の朝の湖&そこにある食器洗い場。
e0073103_1591014.jpg

e0073103_1594959.jpg


朝起きて昨晩暗過ぎて見えなかったキャンプ場を探索。

私たちの泊まったタイプのテントハウス。 max5名まで。
e0073103_244983.jpg


これはその他のタイプのおうち&本格的テント。
e0073103_291989.jpg
e0073103_28422.jpg


今回のキャンプでパンを焼こうと企画されてて、鍋で出来るパンというのを作りました。

でもこれ本当〜に私一人だけだったら出来なかったと思う。

ラッキーな事に料理人1名とパティシエが2人居たから完成出来た。

これがパン&畑で穫ったフランボワーズとミュールで作ったジャム。

e0073103_2135949.jpg
e0073103_2134291.jpg


朝ご飯を食べた後はみんなでヨガをしたりもした!!

参加メンバーの中にヨガ出来るマッサージ師が居たんです。
e0073103_2201345.jpg


そして、、、みんなそれぞれ遊んだり、本を読んだりまったりな時間を過ごし、

夕方前にはBBQ開始。

炭はキャンプ場が無料でくれました。(本当〜に感じが良くてサービス抜群なキャンプ場だった)

前日にスーパーで買い込んだお肉、自分たちで穫った野菜などなど、、、死ぬ程食べた。
e0073103_2184860.jpg
e0073103_2182688.jpg


BBQでも死ぬ程食べてるのに夜はまた焼きそばみんなで食べましたw


食べ過ぎ、、、。


夜はちょっと前に誕生日だった子のサプライズ誕生日ケーキも登場!

パティシエ2人がこっそり作ってくれましたよ♡ 

ケーキの上にはもちろん私たちが収穫したフルーツが!
e0073103_2232617.jpg


なんだかとっても素敵な夜だった☆

寝る前にはキャンプ場にバレない様にみんなで花火までしてしまったよ、、、。

ちょっとだけ曇ったけど再び満天の星空の下で流れ星も見れたし最高の夜だった〜☆☆



3日目に続く、、、。
[PR]
by harnharn | 2010-09-04 19:31 |