カテゴリ:本( 33 )

やっぱりもう秋でしょうか、、、。


友人に借りて読んだ本の紹介。



まずは 「有川 浩 阪急電車」これは読んでてほっこりするし、恋をしたくなる本。

阪急宝塚駅から西宮北口駅までの片道15分の電車の中で起きる人間ドラマ。

各駅、違う女性の物語なのですが、みんなどっかで繋がってる。

映画化もされたようで、、日本帰ったら見てみようかな?


そして「藤原 伊織 テロリストのパラソル」

これは江戸川乱歩賞と直木賞のW受賞だったようです。

新宿で起きた爆発テロから物語が始まるサスペンス。

ヤクザの浅井がかっこいいです、、。

面白かった!



そして「横山 秀夫 クライマーズ・ハイ」

これは映画化にもなった作品。

1985年に御巣鷹山に日航機が墜落した時の地元新聞社の数日間を描いたもの。

読んでてドキドキしたし、最後は感動しました。

横山秀夫さんって12年も記者をしていたんですね。

だからかな、、本当リアルでドキドキした。




さてと、、、あと本が3冊控えてます。

この間book off半額の時に買ったのだ。

どれから読もうかな。
[PR]
by harnharn | 2011-08-06 18:55 |
私の頭からようやく左足を引きずって歩くおばさんがが消えたので書こうと思う。

友人が面白いという本を借りた。

推理小説大好きなのです。

はっきり言ってこれは推理小説でも無くサスペンスでも無くホラーに近いと思う。

って思って今本を改めてみたら

「角川ホラー文庫」「第4回日本ホラー小説大賞受賞」と書いてある。

先に読めば良かった〜!!ココの部分、、、。

私推理小説大好きなんだけどホラーとか、、、もうすごい苦手で、、、。



なのに、、、読んじゃった。


しかも読み終わったの夜中だったのはタイミング悪し、、、。

その結果朝までyoutubeで日本のバラエティ番組のお世話になりました。

とっても怖いけど、、怖いの平気な人にはお勧めです。

夜中に泣きそうになったけど、、面白いですw

e0073103_23171737.jpg

[PR]
by harnharn | 2011-07-23 16:15 |
大好きで何度も何度も繰り返して読んでしまう本がいくつかある。

その中の一冊 小川洋子さんの密やかな結晶。

小川洋子さんの本ってフランスでも結構人気があるらしく、かなり多くの本がフランス語に翻訳されてます。

でも何故か、、私の一番大好きな「密やかな結晶」のフランス語版だけが翻訳されてなかった。

本当に恐らく5、6年は本屋に行く度にチェックしてたと思う。

、、、が今日!!! とうとう見つけた!!!
e0073103_2375992.jpg


うれしぃぃぃ〜!!!!

辞書がいらない位何度も日本語で読んでるから(実際は必要だけど)今日から読み始めようと思う。

あまりストレスのかからない勉強方法かも。
[PR]
by harnharn | 2011-06-16 19:48 |
久しぶりにカテゴリー「本」の日記。

日本に帰った時に必ず文庫本を3、4冊買ってかえってきます。

その中の1冊、まだ読んでいなかった東野圭吾の「白銀ジャック」を2日で一気に読んだ。

東野圭吾さんの作品とても好きなんです。

けど、、これは、、、ハードカバーにならずいきなり文庫になった訳はこれかな?

あくまで私の個人的な感想だけど

なんか、、、途中まで面白いのにラストがなぁ、、、、ガッカリ。

この小説を読んで何を思ったか。

「スキーに行きたい!!」 そしたら 「パトロールの人たちの滑りをじっくり見てみたい」

それだけかも。

東野圭吾さん、、ごめんなさい。

e0073103_18333083.jpg

[PR]
by harnharn | 2011-04-14 11:33 |
東野圭吾さんの白夜行が映画化されると今知った。

原作を読んで大好きだった作品がドラマ化の次は映画化だ、、、。

調べたら韓国でも映画化されてるみたいで、すごい人気!

原作が面白いのはものすごぉ〜く良く分かるんだけど、個人的に雪穂を演じてる女優さんがドラマヴァージョンも映画ヴァージョンもピンと来ないんですが、、、。

綾瀬さんも、堀北さんも個人的にはすごぉ〜くかわいいと思う。

けど、、、雪穂じゃないんだよなぁ、、私の中で。

じゃぁ誰が?と言われたら思いつかないんだけど

原作の中の雪穂は小学生の時から誰もが振り向く美少女、でもなんかちょっと淋しいというか冷たい雰囲気を持った女の子なんですよね。

なので個人的には普段かわいいと言われてる女優さんでは無くて怪しい美しさを持ってる女優さんにやってほしかった。

ちなみにドラマヴァージョンの刑事の武田鉄矢さん。良かったです!!

映画の方は船越さんみたい。  これまた疑問w






ちなみに私の大好きな推理小説は貫井徳郎の「慟哭」でしょうか。

慟哭を読んだのはもう8年前?私が24、5歳だったと思うけど、初めて読んだ時は衝撃でした。

貫井徳郎のデビュー作でこの作品を書いた時の貫井さんは25歳くらいだったみたいで、、、。

推理小説を沢山読んでいる人からすれば「犯人」はすぐ分かってしまうのかも、、。

けどあの時の私は本当に衝撃だった。


あとは同じ東野さんの「手紙」は最後嗚咽してた気がするw

そしてこの間読み終わった1Q84の第3巻。これも面白かったけど4巻が無いと困る、、。

今度日本帰ったらまたたんま〜り小説を買ってかえってこよう!!
[PR]
by harnharn | 2010-11-18 20:47 |
金子みすゞさんの詩が大好きです。

以前日本でTVを見ていたら子供へのインタビューで「将来何になりたいですか?」という質問に

幼稚園の男の子が「金子みすゞみたいになりたい」と答えていたのをすごく覚えてます。

あれは感動したな。

あの男の子、、、今も同じ夢持ってくれてるかな??




  ふしぎ
                 
わたしはふしぎでたまらない,
黒い雲からふる雨が,
銀にひかっていることが。

わたしはふしぎでたまらない,
青いくわの葉たべている,
かいこが白くなることが。

わたしはふしぎでたまらない,
たれもいじらぬ夕顔が,
ひとりでぱらりと開くのが。

わたしはふしぎでたまらない,
たれにきいてもわらってて,
あたりまえだ,ということが。

金子みすゞ
[PR]
by harnharn | 2010-03-08 22:44 |
普段、絶対小説派、、な私が昨日からマンガを読んでいる。

友人に面白いから!と言うので借りました。

中村 光さんの聖☆おにいさん。

おもしろいです。

マンガの裏表紙にある言葉をそのまま書きますが、、

「目覚めた人ブッタ、神の子、イエス。
世紀末を無事に越えた二人は東京、立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを楽しんでいた」

という内容。

生まれ変わりとか、そういう設定ではなく本当のブッタとイエスが現代の立川で共同生活してるんですよ。

話の中にブッタとイエスの逸話がネタになったと思われる会話がさらりと出てきます。

これは宗教知ってないと笑えないのかな?って思うような小さな仕草もあります。

私はこのマンガで初めて、仏像の頭の沢山の丸が髪の毛が丸まったものだと知りました。

お勉強になりますっ!

みなさま是非、、読んでみてください。

ちなみにこんな便利なサイトも見つけました。
マンガと一緒に読むとさらに面白いと思いますよ。

聖☆おにいさん元ネタ集


e0073103_2053617.jpg

[PR]
by harnharn | 2010-01-18 12:53 |
2009年も残すところ後1日ですね

毎年毎年同じ事を思うけど、、本当に今年もあっという間に終わります



そんな中、、ムフフッ♡ 1Q84のbook2をようやく読み始めました。

はぁ〜どうしよう! 止まらない模様です。

外は大雨、冬の夜に一人で音楽かけながら読書ナイト☆です。




写真は全然関係ないけど、この間パリが極寒だった時、仕事帰りに通りかかったエッフェル塔。

霧に包まれてキレイだったので、、。


e0073103_2261773.jpg

[PR]
by harnharn | 2009-12-30 18:27 |

村上春樹の新作、1Q84のbook1を読み終えた。

実は村上春樹の世界がどちらかというとそんなに好みでは無いのですが、一度読んだらやっぱり止まらないですね。
(個人的には歴史小説とかサスペンスとかリアルな世界が好きなのです)
まぁでも、いろいろな宗教問題とかリアルかも。

ようやく青豆さんと天吾くんの共通点が見えて来たところでストップしてるので、めっちゃ気になる。

そのうちbook2も借りに行き、、そしてbook3,4の発売が待ち遠しい!!

どうなるんでしょ、、。

みなさんもう読みましたか??



e0073103_19251818.jpg

[PR]
by harnharn | 2009-12-27 11:25 |

本日夕方、10歳の男の子との会話。

「去年はノエルにプレゼントを2個もらったんだ!今年も2個あるかなぁ〜?」

「へぇ〜良かったね!パパとママから?」



「え、、pere noel(サンタさん)からだけど、、」



、、だよね。 

うわぁ〜やっちまったぁ〜!!



「サンタクロースっているんでしょうか」という本が小さい頃から大好きで未だに実家に置いてある私が、、何と言う発言!!!

ちなみにこの本、ヴァージニアという一人の女の子が「サンタクロースっているんでしょうか」という手紙を新聞社に送り、ベテラン記者の一人が彼女の質問に社説で答えたという1897年のお話が本になったものです。

もうすぐクリスマスなんで、、読んでみてはいかがですか?

e0073103_9575942.jpg

[PR]
by harnharn | 2009-12-11 01:58 |