フランスで血液検査

先日、腹痛でベトナム人のおじちゃん先生の所へ行った事は書きましたが、その続きです。

あまりの腹痛だったので、「もしやどこか悪いのでは?」と思ってた私は先生にそう言いました。

そしたら「血液検査」「エコグラフィー」をやりなさいと言われた。

※ フランスの病院システムは日本と違ってまず自分の主治医(medecin traitant)の所に行きます。主治医は大抵は一般医(Generaliste)です。
なので何かあったらまずMedecine traitantの所へ行き、軽く診察してもらって、あーしろこーしろ言われる訳です。今回の血液検査もエコも全部紙を出してくれていて、ラボに行けば全部分かる様になってるので安心ですよ。
そして血液検査はLaboratoire analyseというあちこちにある検査してくれる所へ。
エコはまた違うエコの場所へ行かなくてはいけません、、。
これはちょっと面倒。



という事で今朝、血液検査に行ってきましたよ。

調べたらラボは朝の7時半からやってるとの事。事前に電話をしたら予約は必要ないと言われました。

私は朝の9時にラボにつき、主治医の先生にもらった紙と保険証(Carte Vital)を提出。

31eurosは先に支払いました。

「名前が呼ばれるまでおまちください」と言われたので待つ事15分。

血液検査の始まりっ!

腕を出し、上部を絞めて手をぐっと握る。

そうすると血管が見える、、、はずが見えなかったらしく、感で刺す、、、。

針を刺したまま皮膚の下をあっち行ったりこっち行ったり血管探してウロウロ、、。

結局見つからず、、もう一つの腕へチェンジ。

Je suis desolee... って一応謝ってくれました。

こちらはあっさり血管へ通りました。

人差し指くらいのガラス管に血液を入れては、また違う管に交換。

何度か繰り返したら終ったのですが、私の覚えてる限り、4本位しか取ってないんです。

けどね、、、私のバーコードの紙を目の前にあったガラス管6本に貼ったんです。

あれ、、なんかそのちょっと大きめのガラス管、私がここに座った時からあったようなw

喋ってたから全然分からない、、、。

誰か違う人の血液に私のシール貼ってませんかね、、?

大分心配です。

月曜日に取りに行く結果がどんなか楽しみだ。

主治医の先生には自動的に結果が送られるみたいで、私には異常があった場合のみ連絡くるそうです。

電話がかかって来ない事を祈る〜!!

さて次はエコグラフィです。

「フランスでエコグラフィ」ももうすぐ書けるはず!
[PR]